職務経歴書を書いてみよう

image職務経歴書は相手が読むことを考えて書くのがポイントです

現在の仕事を辞めて心機一転転職をする場合は、転職先の企業を見つける必要があります。自分のやりたい仕事の条件に合う求人情報を情報誌やインターネットなどを使い、求人に応募条件が記されている場合があるので、条件を通過していると確認できたところで、企業へ履歴書や職務経歴書を送付し、まずは書類選考を受けとります。企業によっては、書類選考ではなく、面接から選考がスタートするケースがあります。

また、職務経歴書は不要で履歴書のみを送る、履歴書だけを持参するという企業もあります。履歴書と職務経歴書が必要な企業で選考を受ける場合は、どちらも内容を充実させることが重要です。

image

特に、職を変わるということは業種、職務に関わらず何かしらの経験があります。就労を出している企業は、履歴書に記述している内容に加えて、これまで担当していた仕事の内容も評価のポイントとなります。魅力的である職務経歴書は、見易さと内容の充実がポイントです。

まず、見易さについては文字の大きさが重要です。小さい文字は読み難いため、内容が良くても最後まで読んでいただけない場合があります。

ですので、職務経歴書の文字は、見易いサイズを意識して作成することをお勧めします。また、職歴が多く1枚の用紙ではスペースが足りないときは、2枚の紙に記入すればよいのです。無理に1枚に収めるよりは2枚に分けた方がスマートに収まります。履歴書には職歴欄があり、そこには勤務していた企業名や仕事内容などを記載するのですが、限られた枠内なので細かく書くことはできません。

細かい所は職務経歴書に記載するようにします。職歴がたくさんある時は、売り込みたいことを選んでも良いのですが、職歴が少ない場合は抜粋してしまうと中身が乏しくなってしまうことがあります。ですから、職歴が少ないケースにおいては抜粋するよりも濃い内容にした場合の方が面接官からの高評価が得られます。しかし、ブランクを埋めるための内容は評価されないので、自分の魅力が伝わるような濃い内容を考える必要があります。